知っておきたい狭小住宅情報

このサイトでは、狭小住宅を賃貸併用住宅にするさいの注意点を紹介しています。
住宅を持つことは維持費が必要ですが、この維持費を少しでも軽減することができるのが一部を賃貸として貸し出すことです。
貸す方法には専用にせずに共同で住んでもらうルームメイト的なものもありますが、完全に独立した部屋として貸し付ける方が価値が高く、また互いにプライバシーも配慮されるのでストレスなく暮らすことができます。
しかし、狭小の場合にはスペースが限られるため、トラブルも起こりやすいもので事前に知っておくことが重要です。

狭小住宅を賃貸併用住宅にする際の注意点

狭小住宅を賃貸併用住宅にする際の注意点 狭小住宅とは狭小な土地に建てる住宅のことです。
ここでポイントとなるのは土地の広さであり一般的には約15坪以下を指します。
一方で狭小住宅であるからといって家が狭いというわけではなく階層を増やすことで床面積を確保することも可能です。
また階層を増やすことで階層ごとに賃貸併用住宅として使う方法もあります。
賃貸併用住宅の場合には、階層の一部を住宅に使用し、残りを賃貸として貸し付けることです。
注意点はローンを組んで建てた場合です。
賃貸併用住宅の場合には自宅の51%以上であればローンを組むことが可能ですが、ローンを組んで建てると金利を含めて返済しなければなりません。
このさいに賃料収入の有無にかかわらず返済しなければならず、返済が困難になると自宅を手放すというリスクがあります。

賃貸併用住宅の狭小住宅で失敗しがちなポイント

賃貸併用住宅の狭小住宅で失敗しがちなポイント 土地の価格の高い都心の戸建てを購入しようかと考えている時、家賃収入を得られることで住宅ローンの支払い負担を軽減できると考えて賃貸併用住宅を検討することがあります。
確かに家賃収入が入ればローンの返済は楽になりますが、デメリットの面もありますので注意が必要です。
狭小住宅の場合には、入居者が狭いスペースの中に一緒に住んでいますので、自宅として寛ぎにくいという問題があります。
イライラが積み重なるとトラブルに巻き込まれる可能性もありますので、収益性が高いと言われる木造で建てるのにはリスクが伴います。
RCで建てようとすればただでさえ少ない利回りが更に下がってしまいますので、収益性の面でおすすめできません。
元々狭小住宅は無駄なコストがかかりがちですので、思っていたよりも費用がかさんでしまったというケースが多いので、一般的な住宅よりも安く済むと考えることはできません。
失敗しやすい原因は他にもあります。
売却しづらいことを覚えておかなければならず、売りたい時に売れないリスクをはらんでいることを理解しなければなりません。
一般的な住宅希望購入者も、収益物件を探している人も、こういった住宅は魅力的には映りません。

狭小住宅に関する情報リンク

狭小住宅のデザインなら